プロフィール
旅のコンシェルジュ トライデント・ツアーズ
旅のコンシェルジュ トライデント・ツアーズ
イタリア・フランス・スペインへの、添乗員なしの気ままな個人旅行をお考えなら、専門店である当社へおまかせください!
トライデント・ツアーズでは、ヨーロッパ個人旅行を知り尽くしたスタッフが、お客様ならではのオリジナルの旅を誠実にご提案いたします。
初心者の方も、ヨーロッパ通の方も、まずはお気軽にお問い合わせください!
メジャーな都市からマニアックな地域まで、幅広く対応させていただきます。

当ブログでは、トライデント・ツアーズの旅のコンシェルジュ(兼・代表取締役)の我満が、旅行業を営むにあたって日々考えていることを中心に、綴っていこうと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます!

トライデント・ツアーズ公式ホームページ:
http://www.3dent.co.jp/

メールアドレス:
info@3dent.co.jp
QRコード
QRCODE

2017年12月05日

ツアー旅行参加に向いている人とは



こんばんは!

現在、研修ツアー参加のためクロアチアのザグレブに滞在しています。


ツアーということで決まったプログラムに沿って行動することになるのですが、参加中に感じることはいくつかあります。


ツアー旅行に向いている人か、そうでない人か。

自分も関係したちょっとしたエピソードを経て感じたのですが、ツアー旅行に向いている人は、

「ツアーの参加者あるいはその関係者、それを取り巻く環境」による一部不快な部分を寛大に受け入れながら、楽しく旅を続けられる人」

ではないかと感じました。


自分の力ではどうにもできないこういった部分を受け入れられない人は、ツアーという団体行動形態での旅行には向いていないんじゃないかと思います。


で、僕自身は…

やはり、ツアーに関しては向いていない、逆に全て自己責任の個人旅行の方が向いている、と言わざるを得ないですね。
(主催者の厚意で参加させていただいている立場としては申し訳ないですが。)


余計なこと・煩わしいことに気を遣わず、旅を楽しむことができる個人旅行は本当に楽しいものです。

今後も当社ではヨーロッパ個人旅行についてお客様に提案していきたいと考えています!  

Posted by 旅のコンシェルジュ トライデント・ツアーズ at 20:00Comments(0)

2017年11月02日

ルルドで考えたこと



こんばんは!早いもので11月に入り、冬に向けて着々と進行している印象の今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。


さて、イタリアのヴェローナで10/23(月)・10/24(火)に行われたMIRABILIA主催の旅行業界の商談会を終えて、その後主催者により定められたプログラムの一環としてフランス・スペインを訪れた後、この日曜に帰国しました。

今回のそのプログラムの中で一番印象に残った、フランスのルルドでのミサにて感じたことについて、このブログで触れたいと思います。


ご存知の方も多いとは思いますが、聖母マリア出現の伝説がある南西フランスのルルドにはカトリックの聖地として世界中から多くの巡礼者や観光客が集まり、また難病を治癒する奇跡を起こすとされるルルドの泉(誰でも無料で汲むことができます)を求めてたくさんの病人も訪れています。

↓ 聖母マリア像のあるマッサビエル洞窟を訪れる人々。洞窟の奥にはルルドの泉の源泉があります


↓ ルルドの泉を汲む際は、事前に容器の準備が必要です(売店などで売っています)


↓ 聖域(サンクチュアリ)の奥にそびえる、ロザリオ聖堂と無原罪のお宿り聖堂


↓ 聖域の外には土産物店がたくさんあります


↓ ルルド市内を流れるポー川の眺め



さて、ルルドの聖域ではイースターから10月まで毎日、ロウソクを片手に灯して練り歩くミサ(Procession Mariale)が行われます。

↓ ロウソクは売店だけでなく聖域内でも入手できます。写真はセルフサービスで1ユーロと引き換えに入手できる、紙で出来た簡易な灯籠


今回、僕もミサに参列しました。

この日は風が強かったこともあり注意しないと参列中にロウソクの炎は消えてしまうのですが、消えた場合でも世界中の見知らぬ他の参列者からロウソクの炎を気兼ねなく分けてもらえたり、あるいは逆にこちらから炎を分けてあげたりと、今の日本社会(特に都会)では失われたと思える、見知らぬ人との触れ合いを理屈無しに感じることが出来ました。

↓ 夜のミサの様子



終了後は世界中の他の参列者とともに、握手や抱擁をしながら平和を祈り合いました。

現在の殺伐として息苦しい日本社会の中に身を置いている中、異国の地で本当に貴重な経験をすることが出来、本当に良かったと思っています。

自分の中で知らず知らずのうちに失われていた何かが、取り戻されたような…

当初想像していた以上に、大変有意義なルルド滞在だった気がします。


このルルドの夜のミサには、宗教や国籍に関係なくどなたでも参加できます。

カトリックに関心のある方も、無い方も…

南西フランス訪問の際には、ルルドにも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。  

Posted by 旅のコンシェルジュ トライデント・ツアーズ at 19:36Comments(0)

2017年10月20日

今、スペインへ行くということ



こんばんは。台風も近づき週末から東京は天気が悪化する見通しですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。


さて、縁がありまして、今年はイタリアのヴェローナで10/23(月)・10/24(火)に行われるMIRABILIA(European Network of Unesco Sites)主催の旅行業界の商談会に当社もバイヤーとして参加することとなりましたので、明日日本を出発することとなりました。


商談会終了後は定められたプログラムの一環としてイタリアを発ちフランス・スペインをも訪れます。

スペインと言っても、現在独立問題で話題となっているカタルーニャ州ではなく、ピレネー山脈のあるアラゴン州なのですが、現在のスペインの状況に少しでも触れられることが出来そうで、大変楽しみにしています。

先日イベリア航空が2018年10月から日本⇔マドリードの直行便を現在の3便→5便へ増便するという日本からのスペイン観光への追い風のニュースが出た中、カタルーニャの独立問題で治安など不安にさせるメディアの報道も出ているようで(僕は全く鵜呑みにはしていませんが)観光面においては一進一退という感じはしますね。


2017年。まさに今は、世界が、地球が、激動の時代に入っていると言っても全く過言では無いと思います。

そんな中、仕事とは言え、縁あってイタリア・フランス・スペインを訪れて自分の五感で現在のヨーロッパの空気に触れることが出来ることをとても幸せに感じている今日この頃です。  

Posted by 旅のコンシェルジュ トライデント・ツアーズ at 18:28Comments(0)

2017年10月18日

12月発券分より、燃油サーチャージが値上げ!



こんばんは!


既に各種メディアによる報道で発表になっていますのでご存知の方も多いとは思いますが、日系航空会社(日本航空、全日空)の日本発着航空券の燃油サーチャージが、今年12月発券分以降値上がりになります。
両航空会社の公式サイトでも、既に発表されています。

日本航空
https://www.jal.co.jp/inter/fare/fuel/detail.html

全日空
https://www.ana.co.jp/book-plan/charge/fuelsurcharge/


当社関連のヨーロッパ行航空券につきましては、2017年12月発券分以降、現在の片道3,500円→片道7,000円に燃油サーチャージが上がります。


※燃油サーチャージの算出は、あくまで「発券日ベース」です。「出発日ベース」ではありませんのでご注意ください。


他の外資系各航空会社は一部を除いてほとんど発表になっていませんが、日系同様に燃油サーチャージが上がるものと見て間違いないと思われます。


冬休みやゴールデンウィークの旅行を考えていて、スケジュールをすぐにでも決定できるという方は、燃油サーチャージが値上がりする前の11月中までに航空券の予約・発券とされた方がよろしいかも知れません。


その次の改訂は2018年2月発券分。

燃油サーチャージが、また下がってくれることを願うばかりですね。  

Posted by 旅のコンシェルジュ トライデント・ツアーズ at 20:07Comments(0)

2017年10月10日

東京マラソン落選に伴い…海外マラソンへ!



こんばんは!


先月9/25に東京マラソン2018の抽選結果が発表され…

残念ながら2年連続の落選となりました。


今回も12倍以上の倍率とのこと。やはり確率的に非常に厳しいですが、次回も諦めずに応募したいと思います!


さて、東京マラソン2018の代わりとして…

また参加登録を終えていないため大会名など具体的なことは現段階では控えますが、海外でのフルマラソンに、参加することにしました!

海外マラソンは抽選が無く比較的に楽に申し込める大会も多いため、日本国内の熾烈な抽選にうんざりしている中、本当に有り難いです。


今から楽しみです!

急な仕事が入ってキャンセル… とならないことを心から願うのみですね。
  

Posted by 旅のコンシェルジュ トライデント・ツアーズ at 17:58Comments(0)